読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビ会議スペシャリスト!VTVジャパン 営業企画:小山のテレビ会議ブログ

テレビ会議をブログでお届けします。 VTVジャパン 営業企画に所属する小山(おやま)がテレビ会議の最新情報と日常をレポート。

テレビ会議で海外メンバーと仕事を進める極意とは!

皆様、こんにちは!
VTVジャパン:営業企画の小山(おやま)です。

f:id:oyama_shingo:20160112120944j:plain

2016年に入り、はや12日。 ご担当されている部署で新しいプロジェクトが始まった方も多いと思います。 プロジェクトを進めて行く中、遠隔地拠点、特に海外のリソース(社員や協力会社等)を交えたプロジェクトのチームに参加している方もいらっしゃると思われますが、海外メンバーと仕事する上での最大の難関は・・・コミュニケーション、ですよね。もちろんお察しの通り、テレビ会議システムやWeb会議システムを活用しての仕事が威力を発揮していくワケなのですが、そんな中、とあるブログでこんな記事を発見しました。紹介致します! こちらです。

www.newsweekjapan.jp

Newsweek Japanさんの「グローバルなTV会議を成功させる6つの方法」という記事です。記事の冒頭で「チームワークの重要な基盤の1つは「信頼」にほかならない。」という節が書かれていますが、これはチームメンバーが隣にいようが離れていようが「信頼」は大切なキーワードとなります。ただ、より離れているとこの「信頼」部分をきっちりお互いに認識しながら仕事を任せたり進めたりしなくてはいけませんよね。そこでグローバルなTV会議を成功させる6つの方法・・・、と言うことで6つのポイントアドバイスが書かれています。タイトルだけまとめると・・・、

(1)チームをスリムにしておく
(2)時差を最小限にとどめる
(3)お互いのことをよく知る
(4)文化の違いを理解する
(5)念には念を入れたコミュニケーションを
(6)難しい問題を避けない

との事です。結構ハードルの高い6つのポイントですが、結局近くても離れていても、お互いの「信頼性」がより良いチームワークを生み出す、という事になりますね。私は大阪に勤務していて上司が東京にいるのですが、東京・大阪間でも意思疎通が難しい場面があります。隣に座っていれば5分で話しが解決するのに、意思疎通ができていない要件では会議の議題になっちゃう事もしばしば・・・。私と上司の他に海外のメンバーは存在しませんが、時間・言葉・文化など、グローバルで取り組む際には、もっと様々な難関があります。ですが、きっちり「信頼」を築くことによって様々な障害も乗り越える事ができると思いますので、グローバルでプロジェクト(仕事)をしている皆さま、「グローバルなTV会議を成功させる6つの方法」を読んでみて、何かのヒントが見つかればと思います。

さて、昨日1月11日は「鏡開き」でした。会社に祀られた鏡餅を「おしるこ」とかにして、お昼休みに振る舞われている企業様もいらっしゃると思いますが、何故「鏡開き」と言うのか?ご存じですか? 鏡餅を切ったり砕いたりするから「鏡切り」でも良いかと思うのですが、正月明けから「切る」「砕く」という表現は縁起が悪いとされ、運気を「開く」という事で「鏡開き」と呼ばれる様になったそーです。と、1月のイベントが進むに連れ、正月モードも薄れ・・・、気がつけば1月終わっちゃった、という私の毎年のルーティーンにはまらない様、信頼性を持った仕事に取り組みたいと思います!

←って、それも毎年言ってるよね(汗)

 

f:id:oyama_shingo:20151118195920j:plain

------------------------------------------------------------------------------------------------------
テレビ会議・Web会議の事ならVTVジャパンにお任せください!

f:id:oyama_shingo:20151118200143j:plain

テレビ会議・Web会議の「?」をスパっと解決いたします!
【☆匿名方式でもお問い合わせできますよ!☆】
------------------------------------------------------------------------------------------------------
VTVジャパン株式会社・・・http://www.vtv.co.jp/
● お電話でのお問い合せは・・・フリーダイヤル 0120-880-576
------------------------------------------------------------------------------------------------------