テレビ会議スペシャリスト!VTVジャパン 営業企画:小山のテレビ会議ブログ

テレビ会議をブログでお届けします。 VTVジャパン 営業企画に所属する小山(おやま)がテレビ会議の最新情報と日常をレポート。

【Vol.1】テレビ会議 まるわかりマニュアル

皆様、こんにちは!
VTVジャパン:営業企画の小山(おやま)です。

f:id:oyama_shingo:20170306163641j:plain

今日から始まります「テレビ会議 まるわかりマニュアル」! テレビ会議やWeb会議など「ビジュアルコミュニケーションシステム」の基礎知識を分かりやすくお伝えしていきます! さてまず始め第1回目としてこちら↓

Vol.1:ビジュアルコミュニケーション/サービスの種類
まずこちらをご覧下さい↓

f:id:oyama_shingo:20170306163953j:plain

クリックして頂くと、資料が拡大します。
ビジュアルコミュニケーション/サービスの種類をご説明いたします。今までのビジュアルコミュニケーションツールと言えば、大きく「テレビ会議システム」と「Web会議システム」に分けられていましたが、昨今ではマルチデバイス接続が可能な仕組みが定着されてきましたので、製品で分けるのではなく「サービス」として4つのステージで考えてみました。

①テレビ会議システム(オンプレミス型/自社内構築)
②Web会議システム(クラウド型/サービ)
③多地点接続サービス(クラウド型/サービス)
④ユニファイドコミュニケーション(クラウド型/サービス)

それぞれ遠隔地とのコミュニケーションを行う方法としては同じ利用用途になるかと思いますが、コミュニケーション手法が若干異なってきます。 まず自社構築タイプの ①テレビ会議システム。テレビ会議システム専用機をメインとしたグループ⇔グループミーティングに適していて、多地点接続は専用機に「多地点接続オプション」を搭載させるか、MCUと呼ばれる多地点接続サーバを利用するか、になります。 ②Web会議システムはパソコンをエンジンに利用し、Webカメラやヘッドセットを使い、個人⇔個人のミーティングに適しています。オンプレミスでも構築できますが、利用されている殆どのみなさまがクラウドサービス(ASP)を利用します。 ③多地点接続サービスは、遠隔会議に参加するデバイスは問わず、テレビ会議専用機でもパソコンでもタブレットでも参加でき、インターネット上にある会議室を利用して多地点接続ミーティングを行うサービスです。 ④ユニファイドコミュニケーションは映像や音声を使ったコミュニケーションの前に、プレゼンス(在籍確認)やテキストチャットを利用した「社内LINE」の様な使い方をします。テレビ会議やWeb会議機能も使えますので、必要に応じたコミュニケーションが使い分けできます。 テレビ会議やWeb会議を社内に導入してみたい、また今使っているシステムを買い替えたい、と検討されているみなさま、まず自社にマッチしたサービスはどれ? を考えてみて下さいね。 もちろんVTVジャパンにご相談頂ければ、みなさまのニーズに適したサービスのご提案をさせて頂きますよ!!

 

 

f:id:oyama_shingo:20151118195920j:plain

------------------------------------------------------------------------------------------------------
テレビ会議・Web会議の事ならVTVジャパンにお任せください!

f:id:oyama_shingo:20151118200143j:plain

テレビ会議・Web会議の「?」をスパっと解決いたします!
【☆匿名方式でもお問い合わせできますよ!☆】
------------------------------------------------------------------------------------------------------
VTVジャパン株式会社・・・http://www.vtv.co.jp/
● お電話でのお問い合せは・・・フリーダイヤル 0120-880-576
------------------------------------------------------------------------------------------------------